婚活パーティーに参加してきたよ ~ パート1

結婚相談所 婚活ウェブ

〒599-0203 大阪府阪南市黒田374-12

営業時間/9:00~21:00 定休日/年中無休(年末年始を除く)

ぺージタイトル背景

婚活パーティーに参加してきたよ ~ パート1

仲人ブログ

2018/02/01 婚活パーティーに参加してきたよ ~ パート1

こんにちは!

 

結婚相談所 婚活ウェブの武田で!

 

konkatsu-party630-420

 

先日、婚活パーティーに行ってきたお話をしようと思います。

 

 

私自身が体験してきました。。。

 

現在、私は50代前半。。でして、離婚歴ありの子持ち主夫!

現在再婚相手を探し中!

 

と言っても、血眼になって探しているという訳ではありません・・・

 

焦ってはいません…。

 

いや、慌ててはいません…。

 

決して、若いころの様にギラギラした目でお相手探ししていません…。

 

まさかっ、残りの人生あとわずかなんて悲観的にも思っていませんよ~

 

どの程度なのかは、みなさんのご想像におまかせします。。。(-_-;)

 

 

現在、結婚相談所にも入会しておりません。

婚活パーティも、自ら進んで参加している訳でもなかったのですが。

 

 

ちょっとその前に~

 

みなさんご存知とは思いますが、私自ら結婚相談所をしておりますが、

 

「紹介する奴が何をよそで婚活してんの!」と

 

言われそうですが、

 

まあ、どんな仕事されている方も、自分の仕事しているフィールドに

プライベートを持ち込まないって人は多いのではないですか?

まあ、わたしもこれに近い考えを持っていますので。。。

 

この辺りはあまり深い意味はないのですが、

実際の所は仕事場は神聖な場所と考えていますし、

真剣に結婚を考える会員様だけの神聖な場所としてお勧めしたいですからね!

 

まあ、単純にそう思うだけなのです。。

 

実際、自分がやっている結婚相談所内で、私自身が婚活をしても問題は無いんですが。。。

まあ、これは気持ちの問題なので、ただ私の中では勝手知る自身の庭と言うか

フィールドでプライベートな活動はする気になれないってところです

 

 

で、話を元にもどしますと~

 

参加したのは、とある大阪の大手結婚相談所の婚活パーティーなんですが、

たびたび、その結婚相談所からパーティー参加要請の連絡がくるんです。。。

(1ヶ月の間に1回くらい(多い時で2回)のペースで連絡もらいますね)

 

もともと婚活パーティーには、参加するつもりは全くなかったのですが

 

ある日、突如私の携帯に電話がかかって来たんです。

 

 

電話の相手

「もしもし、〇〇結婚相談所なんですが、もしよろしければ△△パーティーに

是非参加されてみてはいかがですか?」

 

普通なら、婚活パーティー参加は婚活する人が自ら進んで参加するものなのに

結婚相談所から参加しませんか?って

わざわざお誘いしてくれる訳です。

 

まあ、これが私が婚活パーティーに行くこととなった切っ掛けになのですが

 

では、なぜご親切に大手結婚相談所から、

頼んでもいないのに

婚活パーティー参加要請の連絡(電話)をしてくるのか?

 

 

そもそも私自身、

 

・その結婚相談所には入会してません。。

 

・婚活パーティーも自ら一度も参加したことありません。

 

では、

 

なぜ、わたしという個人をその結婚相談所は知っていたのか?

 

 

 

気になりますよね~?

 

 

 

でも、理由は実に単純です!【(笑)】

 

 

それは私自身が、少し前にその大手結婚相談所のサイトで無料の会員登録をしていたからなんです。

 

自分に合ったお相手の簡易検索ができるという事だったので…

 

その時、電話番号も登録していたので、それを頼りに電話をして来られたという事でした。

 

 

まさか、パーティー参加の連絡が来るとは、予想していなかったので

一瞬、個人情報がどこかから漏れているのか?とドキッとしたのですが

結果的には、自分が個人情報登録していたんですね。

 

 

その結婚相談所は、年代別や同じ趣味を持つ同士といった

 

男女の出会いの場を提供するために、色々な婚活パーティーも開催してるんです。

 

その開催パーティにおいて

 

参加者が同数集まらない時や、参加人数がかなり少ない時等に、

 

 

パーティー数日前に、穴埋めするために他に参加してくれそうな人を

 

リストアップして、テレアポする訳です。

(おそらく、無料会員中心に電話をしているんだと思います。)

 

「〇月〇日に、40代の婚活パーティがあるのですが、よかったら参加していただけませんか?」

 

「今回男性の参加が少ないので、たった〇〇〇〇円でご参加いただけます!」

 

 

と、スタッフが電話をかけまくる様ですね。。。

 

更に、急遽参加をしてもらうので、通常参加料金よりも割安で参加できるんです。

 

これって、参加する側にとっては

 

初めは参加の気も無く、また警戒していたにも関わらず

 

「そんな料金で参加できるなら!」

 

 

思わぬ低料金で参加できるとなれば、いとも簡単に

 

「はい、参加しま~す!」

 

と返事してしまうんでしょうね~

 

ま、婚活パーティー参加したことない人にとっては、破格で参加体験できますからね。

この機会に、ちょっと参加してみるか!って気になるかもね~。

そう言ってる、私も参加してしまってますからね...(-_-;)

 

わざわざ連絡くれる結婚相談所って、ずいぶん親切やんっ、しかも料金もお安くなるし!と

素直に思う人は、とてもいい人(疑わない素直な心の持ち主)です!

はい、それは私です! ←いい人

 

が、私は裏事情知っているだけに、素直には喜んではいないものの

ちゃっかり参加して楽しんできました~

 

 

でもこれって結局は参加者だけではなく、

 

結婚相談所側にとっても、いろいろとメリットがあるんですよ。。

 

一つは、人数がそこそこ揃ったなら、滞りなくパーティーが開催できる! 参加者からのクレームも回避ができる!

 

もう一つは、パーティー参加にかこつけて結婚相談所へ入会してもらう為の集客(無料会員の来店)がいとも簡単にできてしまう

 

 

急遽参加した参加者は

 

お安い料金で、お得にパーティーに参加できる! と喜んで足を運んでくれる訳ですが

 

結婚相談所側からすれば

 

ただの入会勧誘目的のアポ電話だとすぐに断られるけど、

 

今回の様にパーティー参加目的でなら、個人の意思で自店に来てくれる利得がある訳です。

 

お客様自らが喜んでお店に来てくれている訳ですから、こんな楽な集客は無いですよね!

 

あとは、当婚活パーティーが終わった後に、カップルに成れなかった参加者を呼び止めて

 

既存会員のプロフィールを見せながら、入会したらこんな方たちとお見合いできますよ!

 

と入会のアプローチを自然にかけられる訳ですからね

 

 

 

が、昔は結構、強引に会員になるまでしつこく薦める結婚相談所もあった様ですが

 

最近はそのあたりネットで噂ながされると、

評判は瞬く間に広まり商売し難くなりますから

強引な勧誘は減ってきてはいます。

 

勧誘されても、まったく取り合わなければ強引に勧誘されることは無いので

毅然とした対応で、はっきりと会員になる事は考えていない!と

返答すればいいんです!

 

 

でも、その時見せてもらったプロフィールを見ていると

やはり入会させる気持ちにさせる人たちを寄せ集めてるなって感じます。

(多少、意図的に容姿のいい方を選んでいるという事はあるでしょうね)

 

どんな感じで、入会を促されるのかをここで少し実況しましょう!

 

婚活パーティーが終わった、その帰り際にスタッフから呼び止められる・・・

 

 

スタッフ「あっ、○○さん(←私の名前)! 少しお時間よろしいですか?」

 

わたし 「はい、少しなら大丈夫ですけど…なんですか?」

 

スタッフ「今日は、カップルになれず残念でしたね!」

 

わたし  (カップルになれなくて、落ち込んでいるフリ(笑))

 

スタッフ「呼び止めてすみません。もしよかったらと思って。。。

 

実は、○○さんにお似合いの方が居られるんですが

 

一度、お会いしてみませんか?」

 

と、そのお相手となる女性達のプロフィールが数枚、私の目の前に

 

並べられて、様子をうかがってくるんです。

 

プロフィールを見ている私は、なんの躊躇もなく写真と書かれている内容に

 

目をやって、そして・・・

 

わたし 「みなさんお綺麗な方ばかりで、更にお仕事も名の知れた企業にお務めですよね!」

 

と思わず興味持って見入ってしましましたが

 

わたし 「どうして、容姿良くて、身元もしっかりされていて、

    また名の知れた企業で仕事もしっかりされているので、

    周りが放っておかないですし、

    すぐに結婚できる人たちばかりでしょ!?

 

と感じたことをスタッフに質問しました。

 

プロフィールみたところ、年齢はおおむね30代中ばから後半の方がメインで

 

40代の方も数名おられました。

 

 

スタッフ「実は彼女たちは初婚の方ばかりなんです。

 

当然、子供を産みたいとの希望は持っているものの

 

高齢出産となる事も理解されていて、

最終的に諸事情で産めない可能性も考えておられます。

 

すると相手の男性も初婚で子供は絶対に授かりたいという方だと

 

絶対に産まなきゃならないというプレッシャーと、

 

最悪産めなかった時の罪悪感を感じてしまうかもしれない

 

更にそれが原因で家庭もうまく行かなくなるんじゃないかと

 

そこまで考えておられるんです。」

 

と説明を受け、

 

ただただ結婚したいというその場限りの思いだけではなく、

 

すごく真面目な出産に対する考えと、将来においての計画や、

 

また相手への配慮もされていて、

 

強い決意をもって望んでおられる事を強く感じました。

 

 

続けてスタッフから

 

「なので、お相手に子供さんが居られる方なら、後継ぎの問題も比較的軽くて、

 

最悪子供が産めなかったとしても、お相手の理解は寛容で得やすいのかもしれない。

何よりも、自分が一番子供が欲しいという思いを持ちつつ、

 

 出産におけるプレッシャーと罪悪感は、お相手の期待の大きさに比例して

 

 大きくも、小さくもなるので、精神面の不安や負担を考えると、

 

 少しでも軽減できる方を選択されている様です。

 

 

 

わたし 「そうなんですね~!」

(と思わず納得。なるほど、そういう相手を考えているのなら、なかなか出会いは少ないよなぁ

 

 

それを聞いて、プロフィールからは見る事のない

 

彼女たちの考えつくした結論というか本音が聞けて

 

素直に私の気持ちに入ってきました。

 

 

わたし「ちなみに、この女性の方たちと、私がどうしてお似合いと思われて

 

プロフィール見せてくださったのですか?」

 

スタッフ「まずは、〇〇さん(私)のプロフィールに合う方を当相談所側でお探しした上で

 

こんな男性が居られるという事を、彼女たちにご紹介させていただいています。

 

当然、彼女たちのお相手への条件にも合致している事もご紹介前に考慮し、

 

今回、〇〇さんにご紹介することも、事前了承得ております。」

 

との事でした。

 

 

今回、女性たちの結婚に対する切々とした心境や想いを感じれたと同時に

 

これは今、晩婚と言われる時代に置かれた女性たちの内なる叫びなんだと

 

いう思いを強く持てた瞬間でもありました。

 

 

意外なところでほんとうに貴重な話が聞けた事は、

 

私自身が結婚相談業をする上で、

 

更に強い意志と覚悟を持って

 

真剣に会員様と対峙する必要性と、

 

本当の内にある気持ち理解し共有すべきであり、その想いを

 

しっかりと受け止める事が大切だと再認識しました。

 

 

そんな貴重な体験をさせてもらったのですが

 

ただ、まったく入会する意志はなかったので

 

その日は丁寧にお断りをさせて頂き、帰宅の途につきました。

 

 

当日の婚活パーティでは残念ながらカップルにはなれなかったのですが

 

少しいい話が聞けたことに、満足した一日でした!

 

あっ、そうそう。。。

 

肝心の参加したパーティーは、対象年齢40代の初婚、離婚歴ありのどちらも参加OKの

 

パーティーでした。

 

当日集まったのは女性6名、男性5名での開催となりました!

 

 

え? 私は53歳なので、このパーティー参加できないのでは?

 

確かにおっしゃる通り

 

で、私もスタッフに聞きました。

 

すると、事前に女性の皆さんには、50代の方も参加されていますという事の

 

了解をいただいています!との事だったので

 

参加させてもらえたという事です。

 

さすが、スタッフの行き届いたというか、うまい立ち回りに

 

何かしたたかさ、悪く言えば貪欲さに仕事に対する情熱を感じた一瞬でした。

 

これは、いい意味で、一人でも多くの人に結婚してもらいたいという熱意だと

 

感じ、私も結婚相談所をしている身として、同じ気持ちでしっかりと

 

サポートしてあげたいと、改めて思いました。

 

 

次回は今回参加したパーティーの模様をお伝えしようと思います。

 

婚活パーティー参加したことないって方は参考にしてもらえたらと思います。

 

では、今日はこの辺で!

——*…*——*…*——*…*——*…*——
結婚相談所 婚活ウェブ
住所 大阪府阪南市黒田374-12
電話番号 090-5136-2699
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休(年末年始を除く)
——*…*——*…*——*…*——*…*——

TOP